母指CM関節症

母指CM関節症とは

症状

物を摘まむ動作や、ビンの蓋を開ける時などの際に、母指の付け根付近に痛みを感じます。
病態が進行する事で、母指の運動制限や外観の変形が診られます。

原因・病態

母指の付け根の部分(第1中手骨と大菱形骨:第1手根中手関節)変形により、可動域制限や変形に伴う痛みを発症します。
CM関節の変形は、主にOVER USEによる関節の摩耗といわれており、進行すると外観の変形や亜脱臼が診られます。

診断

母指の付け根の部分(第1中手骨と大菱形骨:第1手根中手関節)に腫れや圧痛があります。ビンの蓋を開ける動作を再現すると強い痛みが出現します。
手首に近い部分なので、腱鞘炎やリウマチなどと鑑別が必要となります。
レントゲンで関節の変形や亜脱臼が診られます。

リハビリテーションの紹介

激しく痛む場合、装具や包帯を用いて動きを制限し、安静にします。
痛みの出にくい動作の訓練や、痛みの原因に対する治療を行います。
外用薬などを併用する場合があります。

気になる症状がある方は
お気軽にお問い合わせください!
お問い合わせはこちら