ばね指(弾発指)

ばね指(弾発指)とは

症状

手指の運動の際に、引っ掛かりやそれに伴った痛みを感じます。
引っ掛かりの症状が悪化していくと、ばね現象や指が動かせなくなったりします。
発症の初期は、強い痛み・腫脹・熱感を感じる事が多いです。
特に朝、起床時に手指のこわばりや、痛みを感じ、時間の経過や手指を使っている間に症状が軽快していくことがあります。

原因・病態

手の指の屈伸は、腱により運動を行っています。
手指を握る・開くなどの運動では、前腕部にある筋肉が収縮し、その力を腱に伝えます。
その運動を行う際に、手指の骨から腱が浮き上がらないように押さえる役割のある腱鞘があります。腱鞘の中を腱が通ります。
腱と腱鞘の間に力学的ストレスがかかり、それが炎症の原因となる場合があります。
これを腱鞘炎と呼びます。
この炎症や、炎症をきっかけに肥厚した腱の運動の際に、引っ掛かり現象や痛みを発します。
これらの他に、更年期以降の女性や、手指を良く使用する仕事やスポーツ、糖尿病やリウマチの合併症として、よく診られます。

診断

手指の運動を行っていただき、引っ掛かりや弾発現象を確認します。
指の付け根に腫脹や圧痛が出現していないか確認します。

リハビリテーションの紹介

当院での保存的治療では、物理療法を用いながら手指の曲げ伸ばしを行います。
痛みの症状が強い場合、外用薬を併用する場合があります。
保存的治療では効果が乏しい場合、腱鞘内注射を勧めています。
それでも、改善が見られず再発する場合は、OPEによる治療を勧めています。
※ 当院ではOPEは行っておりません。近隣病院をご紹介させていただいてます。

気になる症状がある方は
お気軽にお問い合わせください!
お問い合わせはこちら