ドゲルバン病(狭窄性腱鞘炎)

ドゲルバン病(狭窄性腱鞘炎)とは

症状

手首の母指側に炎症が起きた状態で、手首の動きに伴う痛みや同部の腫れ、動作制限などを自覚します。

原因・病態

手首(手関節)の母指側には、腱鞘(腱の通り道)があり、そこに母指を動かす筋肉(短母指伸筋、長母指外転筋)の腱が通ります。
指を広げるように力を入れると、手首の母指側に浮き出る腱が同部になります。
手をよく使う仕事やスポーツなどを行っている人に好発し、特にデスクワークの人に多く診られます。
性別をみると圧倒的に女性に多く、妊娠・出産期・更年期これらの時期に発症のピークを迎えます。

診断

手首(手関節)の母指側に腫脹や圧痛があります。
整形外科的テスト(フィンケルスタイン)が陽性となります。

リハビリテーションの紹介

受傷初期は安静や消炎鎮痛処置を行います。
痛みが落ち着いたら、温熱療法を施行したり、発症の原因となる動作の修正を行います。
痛みや炎症の改善が乏しい場合は、注射やOPEによる治療も選択できます。

気になる症状がある方は
お気軽にお問い合わせください!
お問い合わせはこちら