PFC-FD

PFC-FDとは?

患者さまご自身の血液から、血漿版由来の成長因子を抽出し、患部に直接注射する事で 抗炎症効果・鎮痛効果そして損傷組織の修復を促す効果がある治療法です。

PFC-FDの特徴

この治療法は再生医療の1つであり、患者さまご自身から採血を行った血液を加工・作製を行います。
採取した血液から血小板を抽出し、濃縮したPRP(多血小板血漿)を作成し、
そこから更に成長因子のみを抽出し、凍結乾燥加工した製品となります。
製品は、患者様ご自身から採血を行った血液から製造・加工するので、アレルギーや副反応などのリスクが限りなく少ない治療法となります。

PFC-FDの対象疾患

●変形性膝関節症 ●靭帯損傷 ●テニス肘・野球肘などのスポーツ障害
など上記等の症状でお困りの方は、1度ご相談ください。

治療の流れ

①問診・診察

初めに、診察でお身体の状態を確認させていただきます。
PFC-FDの治療が適するかどうかの判断を行うために、カウンセリングやレントゲン・MRIなど必要な検査を行います。

②採血・製品加工

診察でPFC-FDが治療に適する場合、その後、採血を行います。(約50ml)
PFC-FD作成には、感染症の検査が必要です。
感染症の検査を行った後、PFC-FDの製作を行います。
※万が一、感染症検査で陽性の場合はPFC-FDの製作を行えません。
その場合、検査料として¥12,000-(税込)が必要となります。
予めご理解ください。

③注射

基本的には1回の注射となります。
注射後の状態に応じて、2回目の注射を行う場合があります。
その場合、1回目の注射から6ヶ月の期間を空けて2回目の注射を行います。

料金説明

1回の治療につき ¥170,000-(税込)
※採血・検査・製品加工・注射を含めた料金です。

(1回の治療とは?)
『患者さまから採血を行い、製品加工を行い、注射する』までを指します。
注射は1回行う場合・2回行う場合で料金に差はありません。

※1 自由診療となります。保険はご利用いただけません。

※2 感染症検査で陽性の場合は、感染症検査料¥12,000-(税込)が必要となります。予めご理解ください。

治療上の注意点

この治療法は再生医療の新たな治療法の1つです。

〇自由診療の範囲なので、治療費は全額自己負担となります。
〇最初の問診から注射を行うまで1ヵ月ほどの期間が必要です。
〇他の治療でもそうですが、治療効果には個人差があります。
〇新しい治療の為、治療後の効果に関するデータが少ないのが現状です。

治療をご検討中の方へ

治療を行う前に、必ず診察を行っています。
PFC-FDの治療をご希望・ご検討の方は、お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら >