頸椎椎間板ヘルニア

頸椎椎間板ヘルニアとは

症状

首から肩・腕にシビレがでたり、手指の運動や感覚に違和感が出現したり、ボタンを留めるなど細かい動作が難しくなったりします。 また、歩行も障害されることがあります。

原因・病態

椎間板は、外側の線維輪と内側の髄核で構成されています。脊椎(背中の骨)1つ1つの間に存在する軟骨であり、クッションの役割を持ちます。 ヘルニアとは、椎間板の内側にある髄核が外に飛び出してきている状態のことで、それが脊柱の後方を走る神経を圧迫する事で、下肢の神経症状などを出現させます。 加齢に伴い、椎間板の変性していきます。 不良姿勢やスポーツなどが原因となる場合があります。

診断

首を後ろや斜め後ろに反らせると、症状の出現あるいは増強を確認する事があります。 手や足の感覚や筋力に異常が無いか確認していきます。 レントゲンやMRIにて、頸椎の状態を確認します。

リハビリテーションの紹介

ヘルニアが出現する原因を探り治療を行います。 当院の運動療法では、日常的な姿勢の改善を通じて症状の緩和を目指していきます。 姿勢の改善に必要な、筋力トレーニングや可動域訓練、筋柔軟性の改善を患者さんにあわせて行います。 安静な姿勢を保てないほど痛みが強い場合、ネックカラーを用いて安静を促します。 また、シビレの症状が強く出現しており、歩行や排泄機能に障害が出現している場合は、OPEによる治療をご提案します。

気になる症状がある方は
お気軽にお問い合わせください!
お問い合わせはこちら