腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症とは

症状

特徴的な症状として、間欠性跛行があります。
間欠性跛行とは、歩き始めてしばらくすると下肢に痛みなどの症状が出現し、歩き続ける事ができず休んでしまい、しばらく休んでいるとまた歩き出すことができるようになる現象です。
腰痛をはじめ、腰を反らすと下肢にシビレ感が出現したりします。
症状が悪化してくると、下肢の筋力低下が顕著に出現したり、排便・排泄機能に障害が出現したりします。

原因・病態

何らかの身体変化により、脊柱管にストレスがかかり、神経が圧迫された状態です。
ここでの身体変化とは、加齢に伴う脊椎の変形や労働環境による姿勢の変化、また大きな外傷による腰椎の損傷などです。
脊柱管の中を通る神経が圧迫ストレスを受ける事で、神経の血流が阻害され、発症するとされています。

診断

間欠性跛行の有無を確認します。
レントゲン撮影により、脊柱管に圧迫ストレスがあるか、ある程度判断できます。
腰椎のMRIにより確定していきます。
鑑別疾患として、下肢の血流障害により似た症状が出現する事があります。

リハビリテーションの紹介

当院では、主に保存的に治療を進めていきます。
痛みが強い場合は、コルセットを処方することがあります。
腰椎が過度に反っている姿勢が、症状の出現に大きく関わっているので、日常生活上での姿勢コントロールの指導や、不良姿勢となる原因を追究、過緊張を起こしている筋肉の柔軟性向上を目指します。

気になる症状がある方は
お気軽にお問い合わせください!
お問い合わせはこちら