腰痛

腰痛とは

症状

腰部の痛みが主症状の疾患です。
腰痛と言っても、筋肉の過緊張によるモノから、先天的な変形や骨病変・血管や内臓疾患が隠れている場合がありますので、注意が必要です。
筋肉の過緊張による腰痛の代表的な疾患として、ギックリ腰(急性腰痛症)があります。

原因・病態

前項でも記載した通り、様々な原因があります。
腰部は身体の中心に位置しているため、様々な影響を受けます。
特に、姿勢の変化に対応する筋肉が多く、急激な姿勢の変化や長時間の同一姿勢による疲労は、筋肉の過緊張による腰痛の原因となることが多いです。
先天的な変化として代表的なのが、脊柱が横に曲がっている側弯。
スポーツ活動を行っている方では、特異的な動作や繰り返される動作により、骨へストレスがかかり、腰椎分離症やすべり症など腰椎の骨折が診られる場合があります。
高齢になってくると、いつの間にか骨折などと呼ばれている、腰椎圧迫骨折なども腰痛の原因となります。
また、解離性大動脈瘤や尿管結石・子宮筋腫など、整形外科以外の疾患による腰痛も見られる場合がありますので、精査が必要です。
特に、安静時痛や夜間痛、下肢のシビレや発熱などがある場合は、早急に受診するのが良いと考えています。

診断

腰痛と言っても原因は様々あるため、正確な診断が必要です。
そのため、初期評価から各疾患の可能性を抽出し、必要に応じて検査を行います。

リハビリテーションの紹介

当クリニックは整形外科なので、当科で取り扱える疾患に対しリハビリテーションを行っております。
運動療法、筋肉の過緊張の緩和、姿勢指導、セルフケアの指導、コルセットの処方など、それぞれの上程に合わせたリハビリテーションを行います。
内容は状態や疾患により異なります。

気になる症状がある方は
お気軽にお問い合わせください!
お問い合わせはこちら