腰椎分離・すべり症

腰椎分離・すべり症とは

症状

主に腰痛を訴え、お尻・太ももへ痛みを放散している場合があります。
腰を伸展させると痛みが悪化する事が多いです。
腰椎の状態により、下肢のシビレが出現する場合があります。

原因・病態

骨折した腰椎が、前方に移動するとすべり症、骨折のみの場合を分離症と言います。
腰を反らす・捻じる動作を繰り返すことで発生すると言われており、腰椎の後方部分が骨折し不安定な状況です。
全年代に診られる疾患ですが、成長期のスポーツをしている時期の受傷が多いです。
また、1度のストレスで損傷する事は少なく、繰り返しのストレスにより損傷する事がほとんどです。
若年で分離症のみを受傷した人が、後々すべり症と進行していく場合があります。

診断

レントゲンで、発見する事ができます。
症状から強く分離症が疑われる場合は、MRIの撮影依頼を行う場合があります。
痛みが無い場合でも、分離症が見つかる場合があります。

リハビリテーションの紹介

当院では、保存的な治療に対応しています。
分離症の初期の場合、硬性コルセットを用いて治療を行うことがあります。
分離している腰椎にストレスを与えないよう、体幹を固定した状態でのトレーニングや筋柔軟性の改善を行います。
骨の治癒が進んで行くと、あまり痛みを感じなくなる事がありますが、すべり症に移行しないためにも日常生活から行えるエクササイズの指導などを行います。

気になる症状がある方は
お気軽にお問い合わせください!
お問い合わせはこちら