腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアとは

症状

腰やお尻の部分に痛みが出たり、下肢にシビレが出たり、力が入りにくくなったりします。
痛みによって、腰を横に反らす(疼痛性側弯)姿勢が診られることもあります。
重たい物を持つと腰の痛みや、下肢のシビレ感が強く出現する事があります。

原因・病態

椎間板は、外側の線維輪と内側の髄核で構成されています。脊椎(背中の骨)1つ1つの間に存在する軟骨であり、クッションの役割を持ちます。
ヘルニアとは、椎間板の内側にある髄核が外に飛び出してきている状態のことで、それが脊柱の後方を走る神経を圧迫する事で、下肢の神経症状などを出現させます。
加齢に伴い、椎間板の変性が起きてきます。
不良姿勢や繰り返しのストレス等も原因となります。

診断

自覚されている症状をもとに検査を行い、診断していきます。
下肢の感覚や筋力のテスト・整形外科的テスト(SLRテスト)などを行い進めていきます。
レントゲン・MRI検査を行い確定します。

リハビリテーションの紹介

痛みが強い場合、コルセットを装着し安静を指示する場合があります。
主に保存的に治療を進めていきます。
運動療法では、腰椎にストレスを与えている原因を追究し、筋肉の柔軟性向上や姿勢の改善などを行い症状の出にくい状態を目指していきます。
下肢の感覚異常が強く、排便・排尿機能に障害が出ている場合は、OPEによる治療を勧めています。

気になる症状がある方は
お気軽にお問い合わせください!
お問い合わせはこちら