腰椎圧迫骨折

腰椎圧迫骨折とは

症状

主に腰痛を主訴に来院されます。
尻もちをつくなど、明確な外傷の起因がある場合と、骨粗鬆症により骨の脆弱性がある場合では、症状の出方が変化する事が多いです。
骨折の進行により骨が変形し神経障害を起こすこともあります。

原因・病態

素因として、骨粗鬆症がある場合が多いです。
この事から、受傷される方は高齢者の方に多いです。
骨粗鬆症などで脆弱になっている腰椎に、尻もちをつくなど圧迫ストレスが加わり受傷します。
外傷を起点に受傷した場合だと、痛みを強く感じる事が多いです。
骨が脆弱になる原因として、腫瘍の転移があります。
若年の方でも、高い所からの着地や転落により受傷する場合があります。

診断

レントゲンの撮影により確定できますが、神経症状がある場合はMRIを依頼する事があります。
受傷初期の段階では、骨の変形が乏しく診断が難しい事がありますので、その際もMRIを依頼します。
また、骨密度の低下が疑われるので、骨密度の検査を行います。

リハビリテーションの紹介

骨折している腰椎の安静の為に、基本はコルセットで固定しながらの治療となります。
安静期間中、運動量の減少から全身の機能低下を防ぐため、腰椎にストレスを加えないよう、上肢・下肢のコンディショニングを行います。
痛みが減少してきてからは、特に下肢の機能向上を目指します。
受傷機転に転倒があるので、日常生活での移動機能の向上・転倒予防を目的に実施します。

気になる症状がある方は
お気軽にお問い合わせください!
お問い合わせはこちら