鼠径部痛症候群

鼠径部痛症候群とは

症状

股関節やその周囲に、圧痛・運動時痛・大腿部や下腹部への放散痛などが主症状です。
特に、20歳前後の男性に多く、スポーツ中に症状を自覚します。

原因・病態

鼠径部には様々な組織があり、症状の原因となっている部位の特定が大切です。
股関節周囲への外傷やスポーツで体幹・下肢の使い過ぎなどで発症する事が多く、ランニング・キック・切り返し動作の際に、痛みが増強する事があります。
特定の筋肉の柔軟性の低下や筋力低下・また動作の協調性の低下などが診られます。
痛みを我慢してスポーツを続けると、症状が悪化し動作不能となる場合があります。
また、治療の開始が遅れると回復の遅れや、再発のリスクが高まるので注意が必要です。

診断

いくつかの炎症が合併している事が多いので、明確な診断は難しいとされています。
痛みの原因を追究する事が大切です。
発症の年代によっては、鑑別としてレントゲン検査やMRIをご提案します。

リハビリテーションの紹介

受傷初期や痛みが強い時期は安静が必要です。
ですので、スポーツの休止や動作の制限を行う場合があります。
痛みの緩和に伴い、スポーツ動作や姿勢・バランス能力の評価を行い、必要箇所の筋力訓練や柔軟性の向上、動作の修正・再教育を行います。

気になる症状がある方は
お気軽にお問い合わせください!
お問い合わせはこちら