石灰沈着性腱炎

石灰沈着性腱炎とは

症状

突然、夜間に激痛を感じる方が多く、その痛みにより睡眠が妨げられる事があります。
肩関節は、痛みによりほとんど動かすことができなくなる事があります。

原因・病態

40~50歳代の女性に多く診られます。
肩関節の筋肉である、腱板内にリン酸カルシウム結晶が沈着し、運動時の痛みや炎症の原因となり、結果的に運動制限や日常生活に支障をきたします。

診断

痛みの部位や圧痛点、肩関節の運動を確認します。
レントゲンにより、石灰沈着の有無が確認できます。
40~50歳代に好発する事から、肩関節周囲炎(いわゆる五十肩)や肩腱板断裂との鑑別が必要ですので、レントゲンで石灰沈着がハッキリと確認できない場合はCTやMRIの検査を依頼する場合があります。

リハビリテーションの紹介

基本的に保存による治療が可能です。
初期には、患部の消炎鎮痛処置として、三角巾による患部の安静・固定やアイシングを行います。
同時期から、超音波治療器による治療を行い、沈着している石灰の消失を狙います。
痛みが軽減してくると、関節可動域の再獲得を目的に訓練を行っていきます。
痛みの症状が強く、睡眠が妨げられているなど、日常生活にかなり支障をきたしている場合、注射による治療をご提案する事があります。

気になる症状がある方は
お気軽にお問い合わせください!
お問い合わせはこちら