膝十字靭帯損傷

膝十字靭帯損傷とは

症状

受傷時に、ブチっという断裂音を聞くことがあります。
受傷してすぐは、膝の痛みと腫れが診られます。特に腫れは、後々ひどく目立つことがあります。
徐々に痛みと腫れ、可動域制限などは軽快していきます。
しかし、十字靭帯の機能が破綻もしくは不十分な為、損傷側の膝の不安定感を訴える事があります。
この不安定感から、再度痛みを感じる事があります。

原因・病態

多くは、スポーツのシーンで負傷する疾患です。
ジャンプの着地、急な方向転換、急なストップなどの動作による非接触性の損傷や、タックルや交通事故などの接触性の損傷があります。
膝の靭帯は関節可動域の制動に機能し、その関節可動域を超えるような力が加わった時に、その力の方向により、損傷する靭帯がそれぞれ異なります。

診断

受傷時の状況の確認を行い、患部の診察を行います。
整形外科的テストにて、関節の不安定性や痛みを確認します。
レントゲンにより骨折の有無を確認します。
確定診断として、MRIをご提案する場合があります。

リハビリテーションの紹介

膝十字靭帯は、運動の際に膝関節が安定するように機能しており、断裂した状態でのスポーツ活動などを続けることは関節組織を摩耗させ、早期の変形性膝関節症などに繋がります。
スポーツ競技や肉体労働に復帰をお考えの方には、手術による靭帯の再建術をお勧めします。
当院では、手術~退院後のリハビリを行っております。
再建した靭帯は、初期は脆く完全ではありません。ですので、関節に与えるストレスを慎重に選択しリハビリテーションを進めていきます。
その可能な範囲で、早期に関節可動域の獲得を行い、膝関節周囲の筋力の回復を進めていきます。

気になる症状がある方は
お気軽にお問い合わせください!
お問い合わせはこちら