半月板損傷

半月板損傷とは

症状

半月板は、膝関節の大腿骨・脛骨の間に位置しているので、損傷する事で膝関節に痛みを感じ、屈伸運動により引っ掛かりまたはロックキングを感じたりします。
ロッキングすると、膝関節は動かすことができなくなります。
また、炎症も起きるので膝関節全体に腫脹や熱感が出現します。

原因・病態

多くは一方の足に体重をかけている状態で、膝関節を捻る動作が加わる事で半月板にストレスがかかり、損傷の原因となる事が考えられています。
これは、スポーツ現場から日常生活でも見られる事で、幅広い年齢の方が受傷する可能性があります。
スポーツ現場での受傷の場合は、大きな外傷が原因となる場合が多いので、前十字靭帯の損傷を合併している事があります。
ご高齢の方の場合、加齢に伴う半月板の変性もありますので、軽微な衝撃で受傷する事もあります。

診断

痛みの部位や腫脹の程度を確認し、整形外科的テストで診断を進めていきます。
半月板損傷が疑われる場合、レントゲンで骨折の有無を確認し、MRIにて半月板の詳しい状、また靭帯損傷の有無を確認します。

リハビリテーションの紹介

膝関節の引っ掛かりやロッキングを起こす場合やOPEによる治療をご提案します。
保存的に治療を行う場合、初期は消炎鎮痛にて痛みや腫脹の軽減を行います。
半月板にストレスのかからない範囲で経過に応じて、体重をかけない運動、関節可動域訓練や筋力トレーニングを行います。
半月板の回復が十分に確認できてから、過重訓練を行っていきます。
リハビリテーションの進行は、保存・OPEした場合やOPEの術式により異なります。

気になる症状がある方は
お気軽にお問い合わせください!
お問い合わせはこちら