肘内障

肘内障とは

症状

幼年期(約2~6歳)のお子様に特徴的で、肘の痛みや腕の抜け感を訴えます。 それらの症状から腕を動かしたがらない様子が見られます。

原因・病態

幼年期(約2~6歳)の子どもに好発し、腕を強く引っ張られるなどのストレスにより、肘関節を構成する靭帯が外れかかっている状態です。

診断

受傷時の状況や、来院時の様子、患部の状態から診断していきます。
転倒や強い外傷などがある場合は、レントゲンで骨折・脱臼の確認を行います。

リハビリテーションの紹介

肘内障は一般的に徒手整復が可能であり、整復後は痛みが消失しいつも通りに運動する事が可能となります。
ですので、リハビリテーションの必要がない場合がほとんどです。
幼年期(約2~6歳)のお子様の腕を引っ張ると、何度も繰り返すことがありますので注意が必要です。

気になる症状がある方は
お気軽にお問い合わせください!
お問い合わせはこちら