足関節捻挫

足関節捻挫とは

症状

捻挫に伴う痛みと、腫脹・熱感などが主な症状です。
足関節捻挫の多くは内反捻挫(内返し)であり、外果(外くるぶし)あたりに症状が出現する事が多いです。

原因・病態

スポーツ競技中や日常生活での移動の際に生じる事がほとんどです。
捻挫とは、関節に非生理的な外力が生じ、関節の支持組織が損傷した状態を言います。
関節の支持組織とは、靭帯や関節包の事をいい、足関節の場合、外側と内側に存在します。
足関節捻挫の受傷は内返しが多い事ことから、外側の靭帯の損傷や断裂が多く診られます。
靭帯の損傷程度により、3段階に分類します。
靭帯の損傷の他に、骨折の合併が認められる場合があります。

診断

受傷機転を確認し、足関節の状態を診ます。
内返ししたというエピソードや、足関節の状態を確認します。
整形外科的テストやレントゲン検査にて確定していきます。

リハビリテーションの紹介

程度によって異なりますが軽度な損傷の場合、まずは消炎鎮痛処置を行い損傷組織の治癒を促します。
痛みの程度に合わせて、可動域訓練や筋力強化を行い、再発予防を行います。
損傷が酷い(第3度)の場合は一定の期間固定を行い、患部の安静に努めます。

気になる症状がある方は
お気軽にお問い合わせください!
お問い合わせはこちら